身近にあった!美容にいいモノ・フード

このエントリーをはてなブックマークに追加

美容オイルの力

ニキビができると、皮脂がベタつくのを避けたいのか、オイルと名の付くものは避けるようになりませんか。
皮脂の分泌が盛んになってできるニキビに、オイルを使ってしまうと、オイルが肌に残り、また、ニキビができるのではと不安になり、ベタつきを回避したいため、避けてしまう方もいらっしゃるようです。
ですが、ニキビは、肌の乾燥が原因でできる場合があるのです。
そんなときに役に立つのが、美容オイルなのです。
美容オイルには、ニキビに良い成分が入っているものがあることをご存知ですか?
例えば、ミネラルがたっぷりと入ったミネラルオイルや、ホホバオイル、シアバターなど、植物エキスから抽出された天然成分配合のオイルがあります。
このオイルは、乾燥肌の方には、最適なオイルで、ニキビを予防できるオイルでもあるのです。
大人ニキビには、肌が乾燥してできるニキビがありますが、繰り返しできる大人ニキビには、肌の乾燥が原因でできるニキビが多いのです!
その乾燥を防ぐために、ミネラルオイルや植物エキス配合のオイルが役に立つのです。
美容オイルは、乾燥して固くなった角質を柔らかくし、肌の水分の蒸発を防いでくれるので、保湿効果をアップさせてくれます。
その上、肌にオイルのバリアをすることで、外敵から肌を守る保護バリアの役もしてくれるので、刺激を受けやすい敏感肌の方にもおススメのオイルとなっております。
最後に、美容オイルには、角質層に浸透しやすいオイル、浸透しにくいオイルの2種類のオイルがあることをご存知でしょうか?
簡単に説明すれば、浸透しやすいオイルは、オイルの分子が小さく、オイルの分子が大きいものは、浸透しにくいオイルとなるのです。
2種類あることは分かっても、浸透しやすいオイル、浸透しにくいオイルの見分け方が分かりませんよね?
その見分け方は、実は、とても簡単です!
浸透しやすいオイルは、持った感じが軽く、サラサラとしていますが、触った感触がドロッとした重いオイルは、肌に浸透しにくいオイルということです。
触ることができない場合は、オイルを容器ごと横にしてみましょう。
ドロッと重く動くのか、サラサラっとすばやく動くのか、動きによって見分けることができます。
肌は、乾燥すると角質が固くなり、毛穴が詰まりやすくなり、その結果、ニキビができやすい状態を作ってしまいます。
ニキビ予防、改善のコツは、肌を乾燥させないことです!
ミネラルオイルや植物エキス配合のオイルで、肌の乾燥を助け、角質を柔らかくし、血行を促進し、ニキビ予防に努めましょう。
Search
Copyright (C)2017身近にあった!美容にいいモノ・フード.All rights reserved.